幸せな人生の歩み方

偉人・賢人たちの知恵を学ぶことは、悩みの解消や問題解決、自己成長、目標達成、願望実現に大変役立ちます。自ら見聞きして来た名言・格言を紹介していきますので、よりよい人生のお役に立てれば幸いです。

我とは心でも身体でもない

   

風景、山々、霧

メンターの一人でもある中村天風先生は、

『我とは、心でもなければ身体でもない』と仰います。

そして、『我とは、霊魂という氣である』とも言っています。

それはどういうことか?

その前に、私たち殆どの人間は、心や身体を自分のものだと思っています。

当たり前過ぎることで、そんなことを考えたこともないでしょう。

自分もそのうちの一人でした。

しかし、そう思っている限り本当の幸福は感じられないと思います。

いつも、心や身体のことを考えていては、本来の我を失いかねません。

『お腹が痛くても、他人のお腹が痛いと思いなさい』と天風先生は言います。

要は、病があっても、運命が悪くても過度に気にする必要はないということです。

勿論、専門の医師に診てもらうことは大切ですが、

必要以上に恐れることはないということです。

『心や身体は道具』とも言っています。

例えて言うなら、着ている服やズボンのようなものです。

それは自分ではありません。

あくまでも、服は服、ズボンはズボンです。

それを自分だと勘違いしているから、煩悶、恐怖などを感じてしまうのです。

そして、霊魂とは何か?

目には見えないが、氣として確かに存在しているものです。

自分が人間として誕生する前から存在していて、

死んでからも存在し続けるものです。

自分という人間が生きている時だけが自分ではないのです。

自分という人間になる要素は、宇宙が誕生してから、

存在し続けているのです。

気体や物質、何かの生物として、形を変えながら、

自分の霊魂は生き続けてきたのです。

そして、今回、たまたま奇跡的にも自分という人間に形を変えて、

誕生して来た訳です。

そして、この心と身体が滅んでも、

また形を変えて、誕生するのです。

また人間として生まれて来ることもあるでしょうし、

動物や植物、ウイルスとして生まれて来るかもしれないし、

惑星の一部として生まれて来るかもしれない。

人間なら寿命は100年位ですが、

惑星として生まれて来たら、何億年と生きられます。

心や身体は、時間とともに変わっていきますが、

自分という霊魂は、いつまでも変わらずに存在し続けるのです。

亡くなったご先祖様も、どこからか見守っていてくれているかもしれませんね。

だから、死を過度に恐れることはないけど、

折角人間として生まれて来たんだから、

その役割を全うするべきです。

中途半端なところで終わらせてはいけません。

この世の中の進化と向上に寄与していきましょう。

 - 人生 , , , , , , , ,

スポンサーリンク




スポンサーリンク




Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
感謝の心を忘れない

幸福な人とは、 何事にも感謝できる人のことです。   感謝の気持ちが、 …

no image
しないことを決める

時間は限られています。 24時間という時間を、 全ての人に平等に与えられています …

もう3月

今年も早いもので、 もう3月に入りました。   既に1/6が過ぎたので …

神秘、洞窟
セルフイメージが人生を決める

セルフイメージは人生に大きな夢を影響を与えています。 『自分は仕事ができる人間だ …

ユーモアのセンスを持つ

生きていく上で、 笑うことは欠かせない。   笑うことのない人生ほど、 …

優先順位を設ける

仕事に優先順位があるように、 人生にも優先順位がある。   何故なら、 …

好きな仕事をする

あなたは自分の好きな仕事をしているだろうか?   残念ながら、そういう …

no image
半農半X

半農半Xという一つのビジネスモデルを知りました。 食べる物を自分で作る、 自給自 …

no image
経験を積む

考えることは大切ですが、 行動しないと意味がありません。   考えるて …

no image
自分より他人

寂しい、辛い、虚しいなど、 孤独を感じることは、 誰にでもあることです。 &nb …