幸せな人生の歩み方

偉人・賢人たちの知恵を学ぶことは、悩みの解消や問題解決、自己成長、目標達成、願望実現に大変役立ちます。自ら見聞きして来た名言・格言を紹介していきますので、よりよい人生のお役に立てれば幸いです。

人を変える九原則

   

昨日に引き続き、『人を動かす』より、印象に残った言葉を紹介していきます。

【楽天ブックスならいつでも送料無料】人を動かす新装版 [ デール・カーネギー ]

 

今日からは、PART4  『人を変える九原則』です。

第1章は、

まずほめる。

 

『われわれは、ほめられたあとでは、苦言もたいして苦く感じないものだ。』

あなたは、他人をほめていますか?

 

ほめるということは、相手の良いところを見ているから出来ることです。興味がなかったり、嫌っていたら、ほめることは出来ません。

また、恥ずかしさが勝って、良いところがあっても、ほめることが出来ないこともあります。特に、家族など親しい人には、照れ臭いものがあります。

ほめ言葉を一言かける勇気を持ちましょう!

普段言わない人が言うと、怪しまれるかもしれませんが、良好な人間関係を築くには、とっておき方法だと思います。ぜひチャレンジしてみてください!

逆に、ほめてくれた時を考えてみましょう。

残念ながら、私はほめられた記憶がほとんどなく、叱られてばっかりの子供時代でした。ほめられるようなこともしてなかったんですけどね(^_^;)

ほめられると、自然と力が湧いて来るものです。良い気分になれるので、何でもリクエストに答えたくなります。

この感情のコントロールを利用しない手はありません。

ほめられた方が伸びるタイプの人が、多いのではないでしょうか。親は子供に、上司は部下に、叱りたいことが山ほどあるでしょうが、その前に、たくさん良いところをほめてあげてください。

相手のモチベーションを下げることなく、注意することが出来るでしょう。

 

『まず相手をほめておくのは、歯科医がまず局部麻酔をするのによく似ている。

もちろん、あとでガリガリやられるが、麻酔はその痛みを消してくれる。』

相手を刺激するかもしれないことを言う時は、その前に、しっかりと十分にほめておくことが重要です。トラブルになってからでは遅いですからね。

また、ほめ言葉も慎重に選ぶ必要があります。ほめているつもりでも、相手はそうとは受け取らない可能性もあります。

相手の立場になって、何を言われると嬉しいのか、喜ぶのかをよく考えてみましょう。

自分だったら、「こういうことを言われると嬉しい」ということを、さりげなく相手に伝えておくことも、有効かもしれませんね(^-^)

 

 

 

 

a1150_001266

写真素材足成

 

 - 人間関係 , , ,

スポンサーリンク




スポンサーリンク




Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

自分のあやまちを話す

昨日に引き続き、『人を動かす』より、印象に残った言葉を紹介していきます。 【楽天 …

議論をさける

昨日に引き続き、『人を動かす』より、印象に残った言葉を紹介していきます。 今日か …

ささやかな心づくしを怠らない

昨日に引き続き、『人を動かす』より、印象に残った言葉を紹介していきます。 【楽天 …

人に好かれる六原則

先週に引き続き、『人を動かす』より、印象に残った言葉を紹介していきます。 PAR …

人の立場に身を置く

昨日に引き続き、『人を動かす』より、印象に残った言葉を紹介していきます。 人を動 …

ほめる

昨日に引き続き、『人を動かす』より、印象に残った言葉を紹介していきます。 【楽天 …

人を動かす

今日から、書評していくのは、デール・カーネギーの『人を動かす』です。 &nbsp …

わずかなことでもほめる

昨日に引き続き、『人を動かす』より、印象に残った言葉を紹介していきます。 【楽天 …

遠まわしに注意を与える

昨日に引き続き、『人を動かす』より、印象に残った言葉を紹介していきます。 【楽天 …

演出を考える

先週に引き続き、デール・カーネギーの『人を動かす』より、印象に残った言葉を紹介し …