他人からどんな人として記憶されたいか

記憶、墓

cgcolman / Pixabay

他人から、

どういう人間だと思われているだろうか?

 
他人の目を気にするなとか、

他人の目を気にしていたら、

自分らしく生きられないとか、

言われることがあります。

 
しかし、

自分はこういう人間だといくら自負していても、

他人からそういう風に見えなければ、

まるで意味がありません。

 
自分が思っている自分と、

他人が思っている自分は、

違うのです。

 
その矛盾を減らすには、

行動によって示すしかありません。

 
積極的な人間だと思っているなら、

積極的な行動をすることによって、

他人からも積極的な人間だと認知されます。

 
自分を作るのは自分ですが、

それを評価するのは他人なのです。

 
自分が死んだ時に、

どういう人間だったと思われたいか?

 
今のうちから、

行動して結果を出しておかないと、

理想的な自分として、

他人の記憶には残りません。

 
他人からどんな人として記憶されたいのか?

常に意識しておくことで、

普段の行動も、

仕事も、

少しずつより良い方向に、

変化していくことでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました