与えるものが得られる

成功哲学
風景

jpeter2 / Pixabay

欲しいものがあるなら、

先に与えることである。

それも、

欲しいものの質と量と同等か、

それ以上のものを与える必要がある。

10欲しければ、

11与えることである。

それで社会、世の中が潤うのです。

逆に、

自分が10与えて、

11得られるなら、

自分は得をしても、

社会、世の中が枯れていく。

自分が一時的に得をしても、

巡り巡って、

やがて自分も枯れていくことになる。

それを心掛けている人は、

より幸せになるし、

それを分かっていない人は、

いつまで経っても幸福にはなれない。

そして、与えることを、

喜びとすることです。

それが真の幸福と言えるでしょう。

与える分量を、

今まで以上に多くしていこう。

成功哲学
takuyaをフォローする
幸せな人生の歩み方

コメント

タイトルとURLをコピーしました