幸せな人生の歩み方

偉人・賢人たちの知恵を学ぶことは、悩みの解消や問題解決、自己成長、目標達成、願望実現に大変役立ちます。自ら見聞きして来た名言・格言を紹介していきますので、よりよい人生のお役に立てれば幸いです。

自分のあやまちを話す

   

昨日に引き続き、『人を動かす』より、印象に残った言葉を紹介していきます。

【楽天ブックスならいつでも送料無料】人を動かす新装版 [ デール・カーネギー ]

 

今日は、『人を変える九原則』の3番目です。

まず自分の誤りを話したあと相手に注意する。

 

『人に小言をいう場合、謙虚な態度で、自分は決して完全ではなく、失敗も多いがと前置きして、それからまちがいを注意してやると、相手はそれほど不愉快な思いをせずにすむものだ。』

あなたは人に注意する時、自分の失敗談なども話したりしますか?

 

ただ普通に注意するよりも、余程効果的だと思います。私は注意されることの方が多いので、こういうクッションのような前置きがあると、救われるものがあります(^_^;)

上の立場の人も、失敗することがあるんだと教えてもらうと、同情してくれているような気持ちになります。

その状況で、間違いを注意されても、自分のためを思って指摘してくれたんだと感じて、心に傷を負うこともなくなる。

これは、注意する立場の人がたくさんの失敗した経験がないと、なかなか出て来ないアプローチです。

プレイヤーとして大活躍した人が指導する立場になっても、優れた人が育たない原因の一つが、このようなことでしょう。

今たくさん失敗している人は、どうか落ち込まないで欲しい。後々、その失敗談を語る機会が来た時、とてつもない効果を発揮することが出来ます。

人を勇気付けることが出来るし、自分のことのように、相手の気持ちを理解することが出来るようになります。

多くの成功者は、たくさんの失敗を経験して来ていることを忘れてはいけない。失敗すれば失敗するほど、成功に近づいているという積極的な思考を持つようにしよう!

 

『・・・謙遜と賞讃は、われわれの日常の交際にも、大きな効果を発揮することができるはずだ。』

あなたの普段の交際関係を思い出してみましょう。

拗れている関係があれば、自分から何かのアクションを起こしていく必要があります。待っているだけでは、一向に良くなることはないでしょう。

例えば、謙虚に出てみたり、ほめてみたり、こちらから相手との対応を変えてみるのです。

『過去と他人は変えられなくても、自分と未来は変えられる。』

自分に出来る精一杯のことをしましょう。きっと相手も応えてくれます。

良好な人間関係を築くためにも、たくさんの失敗が必要です。そこから学び、成長していくことで、満たされた関係を作っていくことが出来ます。

失敗とチャレンジした数は、財産の数だと思いましょう!

 

 

 

 

a1150_001264

写真素材足成

 

 - 人間関係 , , , ,

スポンサーリンク




スポンサーリンク




Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

同情を持つ

昨日に引き続き、『人を動かす』より、印象に残った言葉を紹介していきます。 【楽天 …

誤りを指摘しない

昨日に引き続き、『人を動かす』より、印象に残った言葉を紹介していきます。 今日は …

期待をかける

昨日に引き続き、『人を動かす』より、印象に残った言葉を紹介していきます。 【楽天 …

ささやかな心づくしを怠らない

昨日に引き続き、『人を動かす』より、印象に残った言葉を紹介していきます。 【楽天 …

おだやかに話す

昨日に引き続き、『人を動かす』より、印象に残った言葉を紹介していきます。 今日は …

思いつかせる

昨日に引き続き、『人を動かす』より、印象に残った言葉を紹介していきます。 【楽天 …

人の立場に身を置く

昨日に引き続き、『人を動かす』より、印象に残った言葉を紹介していきます。 人を動 …

議論をさける

昨日に引き続き、『人を動かす』より、印象に残った言葉を紹介していきます。 今日か …

『イエス』と答えられる問題を選ぶ

先週に引き続き、デール・カーネギーの『人を動かす』より、印象に残った言葉を紹介し …

人を変える九原則

昨日に引き続き、『人を動かす』より、印象に残った言葉を紹介していきます。 【楽天 …