顔をつぶさない

人間関係

先週に引き続き、デール・カーネギーの『人を動かす』より、印象に残った言葉を紹介していきます。

【楽天ブックスならいつでも送料無料】人を動かす新装版 [ デール・カーネギー ]

 

今日は、『人を変える九原則』の5番目です。

顔をたてる。

 

『相手の顔を立てる!これはたいせつなことだ。・・・自分の気持ちを通すために、他人の感情を踏みにじって行く。・・・

もう少し考えて、ひとことふたこと思いやりのあることばをかけ、相手の心情を理解してやれば、そのほうが、はるかにうまく行くだろうに!』

あなたは、相手の顔を立てるような発言を心掛けていますか?

 

他人から好かれていないと感じていたら、ひょっとすると、自分の意見を強く押しすぎているのかもしれません。

知らず知らずのうちに、相手の顔に泥を塗っていたら、自分から離れていくのは自然なことですね(^_^;)

自分が自己中なのかどうかは、相手の反応を見れば分かります。自分の発言した言葉を、相手はどう受け止めたのか?

自分の言いたいことを言って満足ですのではなく、相手が気持ちよく受け取ったことを、確認して満足したいものです。

 

『たとえ自分が正しく、相手が絶対にまちがっていても、その顔をつぶすことは、相手の自尊心を傷つけるだけに終る。』

あなたは、相手が間違っていたら、どのように指摘しますか?

 

中には、相手の間違いに漬け込んで、言いたい放題言う人もいます。そういう人は、間違いなく好かれることはないでしょう。

相手の立場を考えて、冷静に指摘出来る人は、相手からも尊敬されることでしょう。相手の立場になれば、よく分かることです。

これは、良き指導者の共通点でもあります。部下の顔をつぶさない上司は、自分のことを理解してくれたと思い、結果として信頼を集めることにもなります。

また、相手の顔を立てるには、心のゆとりも必要でしょう。慌てている時や、集中している時など、自分のことしか考えられない状況もありますからね(^_^;)

自分の顔を立ててくれた相手を、嫌いになることは出来ません。良好な人間関係を築くためにも、相手の気持ちを察して、顔を立てることが出来るように努めて行きましょう!

 

 

 

 

a1150_001260

コメント

タイトルとURLをコピーしました