幸福な家庭をつくる

人間関係

先週に引き続き、デール・カーネギーの『人を動かす』より、印象に残った言葉を紹介していきます!

【楽天ブックスならいつでも送料無料】人を動かす新装版 [ デール・カーネギー ]

 

今日からは、『幸福な家庭をつくる七原則』に入ります。第1章は、

口やかましくいわない。

 

『数千件の離婚訴訟を調べた結果、夫が家を出るおもな原因は、妻が口やかましいからだといっている。』

あなたは、相手に対して口やかましく言っていないだろうか?

 

言っている本人はなかなか気づかないもので、後になって周りから指摘されて、はじめて気づく人が多いのではないでしょうか?

本文には、ナポレオン三世や、リンカーンの夫婦関係のことが書かれていますが、いずれも妻の口やかましさが原因で、別れているそうです。

あれほどの権力者でも、妻には敵わなかったということですね(^_^;) 夫婦関係の難しさを感じます。やはりビジネスと私生活は別物ということでしょう。

勿論、妻の方ではなく、夫が口やかましい場合もあるでしょう。いずれにしても、度が過ぎると、言葉の暴力になりかねないので、気をつけましょう。

今まで紹介して来た言葉を振り返ってみると、やはり、相手の立場に立つことが大切ですね。同じ注意をするにしても、言い方一つで相手の感情を抑えることも出来ます。

幸せになるには、幸せな家庭をつくることが欠かせません。本田健さんの本などにも書かれていることです。

中には生涯独身の人もいますが、幸せは分かち合うほど、より幸せになれるという法則があります。

ビジネスでも繁栄している企業は、多くの人に幸せを提供しています。他人を幸せにすればするほど、それが自分のところにも返って来るのです。

あなたが、今している仕事などの活動を振り返ってみましょう。他人に何をどれだけ提供して、幸せにしているのか?

 

また、自分は周りからどれだけたくさんの恩恵にあずかっているのか、確認してみよう!

感謝できることを見つければ見つけるほど、より幸せになれます。

 

 

 

 

a1380_001656

コメント

タイトルとURLをコピーしました