得意なことを活かす

モニュメント、地球

Jungyeon / Pixabay

人にはそれぞれ、

得意不得意があります。

 
出来ないことを無理してやるよりも、

上手に出来ることをやって、

貢献した方が、

自分自身が満足出来るだけではなく、

相手にも、質の高いものを、

提供することが出来ます。

 
出来ないことや、

苦手なことは、

思い切って人に任せることも大切です。

 
その分、自分が上手に出来ることを、

人の分までやってあげることです。

 
勉強でも、ビジネスでも、

困難を乗り越えていくには、

欠かせないことです。

 
苦手なことを克服するよりも、

得意なことを更に伸ばして行くことです。

 
そうした方が需要があります。

何でも屋より、

専門店の方が人気があるのは、

そのためです。

 
自分にも才能があるとしたら、

上手に出来ること、

得意なことの中にあるでしょう。

 
自分も楽しくなるし、

相手も満足する、

正にWIN-WINの関係です。

 
自分の得意なことは何なのか?

思い返してみよう。

そして、それを仕事に活かしていこう。

 
若しくは、それが活かせる仕事をしよう。

成功する最短ルートになるでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました