感謝を忘れない

夕焼け、反射

rudinei8 / Pixabay

自分は常に感謝しているだろうか?

 
不平、不満を感じている時は、

間違いなく、

感謝の心が欠けている時です。

より一層感謝することに、

努めなければいけません。

 
幸福になりたければ、

今すぐ感謝することです。

 
いくらお金や物を持っていても、

感謝の心がなければ、

幸福にはなりません。

 
逆に、感謝の心があれば、

何も無くても、

幸福になれます。

 
文明が進むに連れて、

人間の欲求というものは、

レベルが上がって来ています。

 
寧ろ、人間の欲求が、

文明を発展させて来たとも言えます。

 
それほど高度な製品や、

高価な物を持っていないと、

幸せにはなれない、

という訳ではないのです。

 
商品を買ってもらうための、

企業の宣伝が激しいだけなのです。

 
他人の持っているものを見て、

羨ましく感じたり、

妬んだりしても、

無意味なことです。

 
それを自分が手に入れたとしても、

また、次の物が欲しくなるのです。

 
物欲に終わりがないのです。

それを所有しても、

一時的な幸福感で終わるのです。

 
今有るものに感謝しましょう。

今の状況に感謝しましょう。

上を見ても、

下を見ても、

切りがないのです。

 
自分を幸せにするのは、

物ではなく、

心の持ち方なのです。

 
いつでもどこでも、

どういう状況でも、

感謝出来るようになりましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました