悩みとは

自然、湖畔、森林

cbiehl / Pixabay

悩むことは、

決して悪いことではありません。

 
悩み事に対しての、

心の態度が問題なのです。

 
悩んで悩んで、

心を疲れさせていたら、

それは、消極的な態度を取っていたことになります。

 
積極的に捉えれば、

悩むということは、

自分自身が成長したがっている、

心の叫びだと考えることも出来ます。

 
今の自分では乗り越えられないから、

もっと成長しろよという、

神様が与えてくれた試練という

解釈も出来ます。

 
問題が現れたら、

快く受け入れることから始めよう。

 
そこには、

成長するための種が含まれているのです。

その種を見落とすと、

問題は悪でしかありません。

 
また、問題は自分には何が足りてないのか、

教えてくれているのです。

 
問題の解き方が分からなければ、

同じような問題を解いている人を参考にすると、

近道になる可能性が高いです。

 
近くに聞ける人がいたらベストですが、

いなくても、

ネットで調べたり、

解決してくれそうな本を読むことで、

ヒントが得られます。

 
問題にぶち当たっても、

一人になって孤立しないことです。

そういう時こそ、

積極的に行動するきっかけにもなります。

 
問題や悩み事が生じた時は、

現状を打破しろというサインなので、

寧ろ、積極的に対処していこう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました