自信を持つ

夜景、都会

3dman_eu / Pixabay

自分は自信を持っているだろうか?

 
自信とは、

自分のことを信じることですが、

自信満々の人は、

そう多くはいないように感じます。

 
自信は、

誰かに与えてもらうものではないので、

自信でそう思い込むしかありません。

 
自分のことを一番信じてあげられるのは、

他の誰でもなく、

自分自身なのです。

 
また、自信は、

何もしなかったら、

持つことは出来ません。

 
行動して、体験して、

経験していくなかで、

自信が持てるようになるのです。

 
逆に、失敗体験が多いと、

自信が持てなくなります。

苦手意識が生まれてしまうのです。

 
小さいことでも、

成功体験を積み重ねていくことが、

大切です。

 
また、消極的思考では、

自信を持つことは出来ません。

 
いつも不安や恐れを抱いていたら、

おどおどしていまい、

自信のない人だと見られてしまいます。

 
たとえ、今は自信がなくても、

積極的思考でいれば、

堂々した態度で振る舞えるので、

自信無さげには見えません。

 
自信なくても、

自信があるように行動することが、

自信を持てるようになる秘訣なのです。

 
話す時も、

言葉選びは重要です。

ネガティブな言葉ではなく、

ポジティブな言葉を使うようにしましょう。

 

猫背ではなく、

胸を張る姿勢も大切です。

 
自信があるような形から、

入っていくことも重要です。

 
自信を持つことで、

目標達成や願望実現がしやすくなるので、

自分に自信が持てるように努力していこう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました